2017年3月のgoogleアップデートではどんな影響が?今後安心してサイトを作るにはどうしたらいいのか

2017年3月8日は色んなところで激変しているようです。

最初は日本だけだと思っていたけど、どうやら世界規模の変動みたいです。

検索の順位下落の巻き添えを受けて死人が出ないか心配です。

大変動を巻き起こすアルゴリズムの変動がなぜ起きるのか?今後どうしたらいいのかを考察したいと思います。

相次ぐ順位低下の原因は

自分の目視で調査する限り、やはりアフィリエイトサイトが中心であることは間違いないようです。被リンクなしのブログも下落したという人もいますが、サイトの内容を見るとすべてのページにアフィリリンクが張られていました。

いくらホワイトだといっても質が低いと判断されてもおかしくないサイトでした。ちなみにこのブログを含めて私のブログでは、「無風」が続いています。

 

大丈夫なサイトもある?それは何故なのか

アフィリサイトでも大丈夫なサイトもあります。僕のブログの上位にキュレーション、アフィリサイト、キュレーションときて4番目に僕のサイトがあります。

ちなみに1位のキュレーションは、2chのアーカイブ(dat落)を無断転載した主婦向けのメディアです。

この事実を見る限り、検索順位の低下に規則性はありません。たまたま運が良かっただけなのかもしれません。

検索数が少ないのも一因かもしれません。検索回数の多い商標がらみの順位は大きく変動しているようです。

 

googleのアップデートに怯えずに過ごすにはどうすればいいのか

googleのガイドラインに違反していなこと。これにつきます。

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

今回の件で改めてガイドラインをみましたが、アフィリエイトサイトは基本的に黒に近いグレーと評価されそうです。

アフィリエイト プログラム

巷ではホワイトだから大丈夫とか言っていますが、これを読むと全くの嘘だということがわかります。

 

NAVERまとめはペナルティを受けない不思議

数々のガイドライン違反が的確にヒットするNAVERまとめはペナルティを受けていません。

例えばガイドラインの中に

  • 他のサイトのコンテンツをコピーし、独自のコンテンツや付加価値を加えることなく転載しているサイト
  • 他のサイトのコンテンツをコピーし、(語句を類義語に置き換えたり自動化された手法を使用したりして)若干の修正を加えた上で転載しているサイト
  • 何らかの独自の体系付けやユーザーへの利便性を提供することなく他のサイトからのコンテンツ フィードをそのまま掲載しているサイト
  • ユーザーに実質的な付加価値を提供することなく、他のサイトの動画、画像、その他のメディアなどのコンテンツを埋め込んだだけのサイト

品質に関するガイドライン「無断複製されたコンテンツ」より

と記載されいている箇所です。

主にキュレーションメディアが対象となるガイドラインですが、当然NAVERまとめにもピッタリあてはまります。

他にも多数ペナルティを受けてもおかしくないところがあるので、NAVERまとめは今後どうなっていくか注目です。

 

最後に

SEO対策を行う業者はgoogleも利用を認めています。しかし、そうした対策が必ずしも良い結果につながらないこと今回でわかりました。

メディア構築を目的としてコンテンツを作るときは、一つの事業として真剣に取り組まないと今回のように痛い目に会います。

1・市場の悩みを聞き

2・解決を提供するサイトを作り

3・告知活動を行い

4・ファンを増やし

5・さらに多くの悩みを解決するコンテンツへつなげる

といったサイトの成長戦略を描かないといけないということです。

上記の中で2番の解決(ソリューション)を提供するという部分をみんなキチンと作りません。ここが一番コストがかかる部分なので、人のコンテンツをパクる人が後を絶ちません。

ここ最近のアップデートでgoogleがここにメスを入れているのは確実なので、今後はそういったサイト作りの必要性に迫られると思います。

Posted by mg1bz


PAGE TOP